本大会は、参加者により運営の全てを行うため、多数の兼任スタッフを必要とします。

お願いする予定の役職は以下の通りです。

 

予選・準決勝・最終予選(5部屋あり、各部屋にスタッフが必要ですので最低で計20人必要です)

司会進行:クイズの進行、及びその時間の各部屋の責任者をお願いします。

問読み:問題を読んでいただきます。

得点:得点の集計、板書をお願いします。各部屋2名ずつ置く予定です。

 

以下は予選・準決勝・最終予選のスタッフの方に追加でお願いする役職です。

 

プレーオフ・決勝

司会進行:クイズの進行をお願いします。

問読み:問題を読んでいただきます。

得点:得点の集計と表示(板書またはPC操作)をお願いします。

記録:クイズに答えた人やいつボタンが押されたかなどの記録を取っていただきます。

音響:BGMやSEの管理をお願いします。

撮影:大会の様子のビデオ撮影をお願いします。

 

その他

受付:来場された参加者の方の受付をお願いします。

会計:大会関係のお金の管理をお願いします。

 

 

また、スタッフの方の事前エントリーを、

11/12(日) 21:00

より行います。大会長を含め、最大25人を予定しています。充足した場合予告なくスタッフエントリーを打ち切ることがあります。

スタッフの方の参加費は、「高校生以下無料、大学生以上500円」です。

 

*一般参加者のエントリーは2018年2月ごろの開始を予定しています。参加費は未定です。(会場によっても異なるため)

第1回中日本「新人王」に出場可能なのは、2018年4月1日時点で「クイズ大会参加歴が5年目以下の方」です。

「クイズ大会」とは、「一心精進」または「新・一心精進」に掲載された大会を指します。

「参加」とは、何らかの形でクイズに参加することを言います。見学だけの場合は含めませんが、ペーパー予選敗退などは含みます。

「5年目以下」とは、「4月1日開始、3月31日終了」を基準とする年度(学校の学年に相当)において、初めて参加した大会のあった年度を1年目として5年目以下であることをいいます。すなわち、2013年4月1日以降に開催された大会が初出場である場合(2013年3月31日までに開催された大会に参加したことのない場合)に出場可能ということになります。

 

具体的にいうと、2013年3月24日開催の「abc the 11th」「EQIDEN2013」、2013年3月24日開催の「第15回1年生オブザイヤー」、2013年3月30日開催の「STU the eighth」、2013年3月31日開催の「第11回KQA杯」またはこれより前に行われた大会に参加したことのある方は「新人王」出場資格がありません。逆に、2013年4月14日開催の「MAGカップ 関東・関西再放送」、2013年4月28日開催の「天5」、2013年4月28日開催の「北陸AIQ8(Anison Intro Quiz)」、2013年4月29日開催の「昭和クイズ大會」、2013年5月4日開催の「第13回勝抜杯」またはこれ以降に行われた大会が初出場の方は「新人王」に参加できます。

 

第1回中日本「早押王」には参加資格はございません。どなたでも参加いただけます。上記「新人王」の参加資格のある方であってもあえて「早押王」に参加していただいてもかまいません。ただし、両大会に同時に参加することはできません。

 

また、「新人王」「早押王」を通して、地域に関するレギュレーションはありません。日本全国、世界中どこにお住まいの方でもエントリーしていただくことができます。

 

なお、本レギュレーションは本大会に限定したものであり、第2回大会以降が開催された場合には予告なく変更となる場合があります。


基本的に東日本、西日本、南日本に準じます。

 

予選:7○3×早押しクイズ

 

1.参加者を複数の部屋に分け、各部屋ごとに共通の問題で早押しクイズを行います。(1セット目は抽選、2セット目以降は直前までのセットでの成績により組分けを行います)

2.7問正解で勝ち抜け、3問誤答で解答権を失います。N人(Nはセット、部屋によって変動します)勝ち抜けるか、60問(第4セットに限り75問)を使い切る、または15分(第4セットは20分)経過したら終了です。勝ち抜け者には「1勝」がつきます。

3.限定問題数を使い切るか、制限時間となった場合、「正解数-誤答数」の多い方から、7問正解者と合わせてN人までが勝ち抜けとなります。なお解答権を失った人もこの判定に含まれます。

同点の場合、「勝ち抜けかどうかにかかわる」場合には3問限定、1○1×のサドンデスを行います。1問正解で勝ち抜け、1問誤答で敗退となります。3問で勝負がつかなかった場合、および「勝ち抜けかどうかにかかわらない」場合には前セットまでの成績(直前セットから順に各セットごとに比較します)がよい方、それも同じならエントリーの早い方が上位となります。

勝ち抜けとならなかった方は「1敗」がつきます。

4.2セット目以降は勝利数の同じ人と戦います。これを4セット行います。

5.4セット終了時、3勝以上の方は準決勝進出、惜しくも2勝以下の方は最終予選に進出となります。

 

(参考)50人フルゲートの場合、各部屋の参加人数、勝ち抜け人数は以下の通りを予定しています。4

1set (10→4)×5
2set 1勝(10→4)×2 0勝(10→4)×3
3set 2勝(8→4)1勝(12→4)×2 0勝(9→3)×2
4set 3勝(4→1)2勝(12→4)1勝(11→4)×2 0勝(12→4)

 

準決勝・最終予選:アタック25分

 

ルールは準決勝・最終予選いずれも共通です。

1.25分、または175問限定の早押しクイズです。正解で+1点、誤答で-1点と×が1個つきます。×が5個で解答権を失います。(ポイントは残ります)

2.10分経過後、および20分経過後に1分のインターバルをとります。インターバルは制限時間には含みません。

3.最後の5分は「アタックチャンス」として正解で+2点、誤答で-2点と×が2個つきます。

4.なお、準決勝においては予選4勝の方に「10点」、最終予選においては予選2勝の方に「6点」、1勝の方に「3点」が開始時点でアドバンテージとして与えられます。

5.制限時間または限定問題数終了時、ポイントによって順位を決定します。同点時は予選の順位決定方法に準じます。

6.準決勝3位以内の方は決勝進出、準決勝4位以下の方と最終予選の各部屋成績上位者がプレーオフに進出します。

また、このラウンドでは問題文は矢継ぎ早に読まれます。フォローと状況の確認はインターバル中及び終了後に行います。

 

 

プレーオフ:ビッグウェーブクイズ

 

1.まず最終予選からの進出者が早押し席に着きます。

2.各自3ポイントを持った状態からスタートします。

3.正解すると

2ポイント以下の状態での正解:プラス1ポイント

3ポイントの状態での正解:早押し席についているほかの人全員のポイントが1ポイントマイナス(ビッグウェーブ)

4.誤答では自分のポイントが1ポイントマイナスされます。

5.0ポイントになった方は失格です。失格になり早押し席についている人数が一定数以下になると準決勝で下位だった人から順に補充されます。(補充される人は3ポイント持った状態でスタートします)

6.最後の1人まで残った人が決勝に進出します。

7.限定問題数は70問、制限時間は設けません。

8.問題数が尽きた場合は「準決勝・最終予選の順位(準決勝4位→準決勝5位→・・・→準決勝8位→最終予選1位→最終予選2位)」→「予選順位」により順位を決定します。

 

決勝:10○4×早押しクイズ

 

1.いちはやく10問正解された方が栄えある第1回中日本「新人王」「早押王」の栄冠を獲得します!

2.4問誤答で失格です。

3.限定問題数は70問、制限時間は設けません。

4.問題数が尽きた場合、および優勝以外の順位決定は「正解数ー誤答数」→「準決勝・最終予選の順位」により行います。


この大会では、第1回中日本「新人王」決定戦、および第1回中日本「早押王」決定戦の2つのイベントを並行して行います。

「新人王」は2018年4月1日時点で「一心精進、新・一心精進に掲載されたクイズ大会に初参加してから5年目までの方」を対象とします。「早押王」にはレギュレーションはなく、どなたでも自由に参加できます。レギュレーションについての詳細はこちらをご覧ください。

「新人王」「早押王」とも以下のような共通のルールで行います。ルールについての詳細はこちらをご覧ください。

 

予選:7○3×早押しクイズ

 

参加者を複数の部屋に分け、各部屋ごとに共通の問題で早押しクイズを行います。7問正解で勝ち抜け、3問誤答で解答権を失います。これを4セット行います。2セット目以降は直前までのセットでの成績により組分けを行い、各部屋でなるべく近い実力の人同士が対戦するようになります。

予選で3勝以上を収めた方が準決勝、それ以外の方が最終予選に回ります。勝利数により準決勝・最終予選でアドバンテージが得られます。

 

準決勝・最終予選:アタック25分

 

ルールはいずれも共通で、10分・10分・5分の3セットに分けた、正解で+1点、誤答で-1点と×が1個つく早押しクイズです。×が5個たまると解答権を失います。ただし最後の5分だけは「アタックチャンス」として正解で+2点、誤答で-2点と×が2個つきます。

準決勝3位以内で決勝進出、準決勝4位以下と最終予選の各部屋成績上位者がプレーオフに進出します。

 

プレーオフと決勝は全参加者を集めて1部屋で行います

 

プレーオフ:ビックウェーブクイズ

 

まず最終予選からの進出者が早押し席に着きます。各自3ポイントを持った状態からスタートします。正解すると1ポイントがプラスされ、また3ポイントの状態での正解では「ビックウェーブ」として早押し席についているほかの人全員のポイントが1ポイントマイナスされます。誤答では自分のポイントが1ポイントマイナスされます。0ポイントになると失格です。失格になり早押し席についている人数が一定数以下になると準決勝で下位だった人から順に補充されます。(補充される人は3ポイント持った状態でスタートします)

最後の1人まで残った人が決勝に進出します。

 

決勝:10○4×早押しクイズ

 

決勝に進出した4人で早押しクイズを行います。10問正解すると優勝、4問誤答で失格です。

 

また、「新人王」の運営は「早押王」の参加者により、「早押王」の運営は「新人王」の参加者により行います。そのため、本大会では「参加者兼任スタッフ」の募集を行います。「新人王」と「早押王」は交互に進行し、一方の大会が行われていない時間に兼任スタッフの方にはもう一方の大会の運営業務を行っていただきます。(一般参加の方はこの間お休みです。もちろん、もう一方の大会の観戦をしていただいてもかまいません。)大会の進行は別々に行いますので、兼任スタッフをすることによりできるクイズの量が減ることはありません。

なお、兼任スタッフの募集は一般エントリーにかなり先立って行う予定です。また、参加費の割引も実施いたします。


第1回中日本「新人王」決定戦/第1回中日本「早押王」決定戦

 

日時

2018年5月4日(金・祝) 10時受付開始予定
(新人王受付は10時50分まで、早押王受付は13時までにお済ませください)

 

会場(予定)

NTNシティホール(桑名市民会館)大会議室、第1〜第4会議室
三重県桑名市中央町3丁目20 (JR関西本線・近鉄名古屋線 桑名駅より徒歩10分)
http://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/24,0,235,415,html

 

※施設予約の都合上、会場の正式決定は11月初旬となります。
※会場は以下に変更となる可能性があります。
蒲郡市民会館 大会議室、中会議室、東会議室、第1会議室、第2会議室
愛知県蒲郡市栄町3-30 (JR東海道本線 蒲郡駅より徒歩5分)
http://www.city.gamagori.lg.jp/site/shiminkaikan/

 

参加費

未定

 

エントリー枠

新人王・早押王ともに50名

 

エントリー受付

兼任スタッフ  11月上旬を予定
一般参加者    現時点で未定

 

レギュレーション

「新人王」 クイズイベント挑戦歴が、2018年4月1日時点で5年以下の方
「早押王」 制限なし

※「クイズイベント初挑戦」の起点は、クイズナビゲーションサイト「一心精進」「新・一心精進」の「クイズスケジュール」あるいは「大会結果報告」に掲載されているイベントに初めて出場した日、を基準にお考え下さい(見学のみは含みません)。
※2013/4/1以降のイベントに初参加した方が今回の新人王参加権を保持することとなります。

 

9/30修正:「新人王」レギュレーションについて、東日本新人王に準じ、より明確に修正いたしました

(2013/4/1以降のイベントが初参加の方に参加権があることについては変更ありません)

 

大会長

河野 奨(第1回中日本「新人王」決定戦)
松田 学(第1回中日本「早押王」決定戦)

 

問い合わせ先

shinhayacentral[at]gmail.com ([at]を@に変えてください)

1